【感想】カラーレシピ 2巻 電子書籍試し読み「笑吉を絶対手に入れる、どんな手をつかっても」

カラーレシピ(上) (ディアプラス・コミックス)

大人気はらだ先生の「カラーレシピ 2巻」に収録される第2章の1話がディアプラス2017年10月号で新連載がはじまりました。

 

カラーレシピ2 電子書籍試し読みへ

 

前作「カラーレシピ」の新装版の発売も決定!

あれから1年の時が過ぎた福介(ふくすけ)と笑吉(しょうきち)の関係は一体どうなった?

絶対怖い(ホラーじゃないよ)と分かっているのに、抗えず読まずにはいられない鬼才、はらだ先生の「カラーレシピ2」感想です。

[alert title=”注意”]これより先ネタバレを含む感想になりますので初めて読む方はご注意ください[/alert]
目次

【感想まとめ】カラーレシピ 2巻

いくら甘党だからといって、甘い物ばかり食べすぎると飽きてしまうわけで、たまにはピリッと辛い物を食べたくなってしまう、そのピリッと辛い作品が私にとってはこちら「カラーレシピ 2」です。

前作、「カラーレシピ」では主人公の笑吉をストーカーする人物がいるにもかかわらず、そのストーカーさえも利用して絶対に笑吉を手に入れようとする福介に吃驚しましたね。

癖のあるキャラで何をしでかすのか予測不可能な登場人物たちは、誰が何を知っていて、一体何をしでかすのか、目が離せなくなり続きが気になって仕方なくなる中毒性がとても高い作品です。

[list class=”list-raw”] [/list]

【電子書籍試し読み】カラーレシピ 評価

 

カラーレシピ(下) (ディアプラス・コミックス)

[rate title=”この本の評価”][value 5]面白さ[/value][value 4.5]絵の美しさ[/value][value 5]心に残る[/value][value 5]満足度[/value][/rate]
今すぐ試し読みへ
[center]Amazon Renta!

[/center]

「カラーレシピ」の頃の絵よりも、「カラーレシピ2」の絵が格段に綺麗になっていてとても読みやすいです。

「カラーレシピ」の面白さは、笑える面白さではなく、ストーリーにあっという間に引き込まれていく面白さです。

私の中でもう信じられるのは主人公の笑吉くんと、美容室オーナーの美門(みかど)さんだけ!

これで、美門さんに裏切られたらもうどうしたらいいのか・・・・。

 

電子書籍 試し読み

よるとあさの歌 (バンブーコミックス Qpaコレクション)[center]Amazon Renta![/center]
[center]よるとあさの歌[/center]

女にモテたくて仲間とバンドを始めた朝一。そんな朝一がボーカルを担当している弱小バンドにサポメンで入ってきたヨル。ライブの後のちょっとした「お遊び」の時に起こった一度のアヤマチ。それをきっかけに、ヨルは朝一への想いを明らかにしていく。

【感想】カラーレシピ 2 第2章 1話

新連載1話カラーページでさっそく、不吉そうな絵には福介の思いなのでしょうか、欲しい物があるのに何の努力もせずに諦めるのはただの甘え、何かを踏み台にして手を伸ばせばいくらだって手が届くのにと。

「欲しいものはどんな手を使っても手に入れる」今までずっとそうやって勝ち取って来たし、今回も今までと同様に成功させたはずなのに‥‥。

休日、笑吉の部屋でワインを飲みながら「しょーくん飲もうよー」と、かまって欲しそうにしている福介を鬱陶しく思いながら、笑吉はカットの練習中。1年たっても真面目な笑吉くんだね。

休みの日にまで練習しなくてたっていいじゃん、放置されてる彼氏がかわいそうとか思わないの?

かまってちゃんな福介に「うるせータイムはかってんだから、しゃべりかけんな!付き合ってねーし」うざそうに言う笑吉くん。

「やらせてくれたじゃん!いっぱいキスしたし、俺ってセフレ?そういう扱い?!」笑吉に近づいて必死に訴えますが、全く相手にしてもらえないので福介は笑吉のパンツに手を突っ込んだ!!

すると、笑吉くんがもっていた大事なハサミが手から落ちてしまって、ますます怒ってしまいました。

前作「カラーレシピ」から、1年以上もたつのに笑吉くんの優先順位は、美容室オーナーの美門(みかど)さん、美容師の技術練習、自分はハサミよりも下で、笑吉くんにとって一番にならないと意味がないのに、まだまだ最終目標までは程遠いと思っている福介。

相手の一番になりたいと思っている福介の気持ちは、恋人同士によくある感情だと思うのですが、福介の考える最終目標っていうのがちょっとひっかかるのは考えすぎ?

普通の恋人同士のものとはずれていそうで、怖いなと思ったのですが、福介は何をしでかしちゃうのかな?

笑吉くんはハサミが落ちてしまった時に、手を切ってしまったのでキッチンで手を洗っていると、「しょーくんごめん」と謝りながら福介が傷を舐めると「汚いだろっ」手を引っ込めちゃう笑吉くん。

「汚いだろ」って言葉に福介は自分の事かと思いますが、笑吉くんが「ちがう切ったとこ」と言ったので、これはいける?いけるかもと思った福介の目が!!獲物をロックオンだ!!

ごめんねと言いながら笑吉くんのを口でしてあげると、今度は俺のを舐めてと笑吉の口へ少し強引にすると、ガリって歯が・・・・笑

自分だけしゃぶらせといて、おまえあとで見てろと痛そうに怒る福介を無視して、口をゆすぐ笑吉くんが言ったのが「汚いもんつっこんでくんじゃねぇ、変態バカ」ですって。

笑吉くんの背中を見ながら福介が「まじでみてろよ…」ぼそっとつぶやいたよ。笑吉くん、ちょっとまずいんじゃないの?福介は怒らせると何するかわからないんだから怖いわー。

福介はやることが過激で怖い人だけど、笑吉くんをとても好きで、もっと好きになってもらいたいって気持ちは分かるだけに、さっきのは笑吉くんが懲らしめられても仕方ないかな・・・って思っちゃったけど、何倍返しかが問題だね。

 

電子書籍 試し読み

やじるし (シトロンコミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]やじるし [/center]

クズ男に惚れた罰でしょうか――新歓で慣れない飲み会と酒に圧倒されていたところ声をかけてくれたのは見るからに好青年の同級生。「このあとフケねえ?」と誘ってくれたが……。下衆、屑、変態、ドM、鬼畜、社畜、ラブコメ、切ない系など、あらゆる“はらだ”節の良いトコロをつめこんだ読み切り作品集。あの「変愛」の続編&単行本描き下ろしと、歪みシリーズも収録。

新人 一祝(かずのり)登場

翌朝、美容室でイライラを隠せない笑吉を見た龍来(りく)が、福介に近づき「何を怒らせたんですか」コソっと聞くと、俺じゃなくて怒らせたのは…言いかけて、原因の一祝(かずのり)登場。

スイマセン寝坊してと、店に入ってくるなり笑吉の説教に全部言い返す一祝に笑吉がキレたところで、福介が仲裁にはいりました。

カズは大事な新人なんだし、自分が後輩だった時のことを思い返したときに、先輩に迷惑をかけなかったか?そういう態度だと後輩はついてこないよ?大目にみてやんなよ、福介の言葉に「もういい」と行ってしまった笑吉くん。

福介に庇ってもらったと思っている一祝の態度は、笑吉へのなめた態度とは一変して、今後の相談にのってもらいたいとか福介に言っちゃって生意気な新人だね、見る目もないし。

それを陰からじっと見ているりくちゃん。いやー、りくちゃん(村瀬歩くん)のかわいい声に淡々とした喋りを思い出しちゃいましたが、りくちゃんもなかなかのくせ者なんですよね。

美門さんがボヤっと顔して、りくちゃんにどうしたの?なんて聞きますが、りくちゃんは「なんでもないですよ」と、一祝と笑吉のことはもちろん言いません。

一祝は笑吉以外の人とは、うまく仕事もコミュニケーションも取っているようで、特に福介に懐いているかんじです。うーん、見る目ないぞ新人。

 

電子書籍 試し読み

Amazon[center]Amazon Renta![/center]
[center]ポジ [/center]

幼馴染同士のヒリつく三角関係を描いた「後悔の海」「スイメンカ」をはじめ、光る金属に目を奪われてはじまる「ピアスホール」など“ネガ”な作品を一冊に集約した短編集。

ダブルブッキング

笑吉を見つけて福介は今朝キツイ事を言ったと謝ります。カズに今辞められると美門さんが困るからと聞いた笑吉くんは、わかってると言いながらも、少しやりきれない顔をしていました。

笑吉くんは美門さんをとても尊敬しているので、困らせたくない、役に立ちたいという気持ちから「わかっている」と答えたと思いますが、それにしても生意気な新人一祝には困りましたね。

そんな時に一祝が電話で笑吉の予約を受けたのですが、笑吉がたしかに入力していたところだったのに、一祝は空きがあったから入れたと譲らず、結果、ダブルブッキングになってしまい困ってる笑吉。

笑吉の無理な予約に美門さんが「ひとりで無茶をするのはやめようね」と、やんわり注意しますが、美門さんを困らせたくないと思った笑吉は一祝のことは何も言わずに自分のミスだと謝っていました。

美門さんに呼ばれたのを知っていたのか、りくちゃんが笑吉に「ヘルプにいけなくてすいません」と、気遣いダブルブッキングした事に対して何か思うところがあるようでした。

りくちゃんは感が恐ろしく鋭い子、何を思ったんだろうな・・・・。絶対に何か考えてる顔していましたよね。

 

電子書籍 試し読み

ネガ (バンブーコミックス Qpaコレクション)[center]Amazon Renta![/center]
[center]ネガ [/center]

幼馴染同士のヒリつく三角関係を描いた「後悔の海」「スイメンカ」をはじめ、光る金属に目を奪われてはじまる「ピアスホール」など“ネガ”な作品を一冊に集約した短編集。

福介と一祝

一祝は笑吉の予約の件で、俺がミスをしたみたいなことを言うと、飲みながらうだうだと福介に愚痴を言っていて、美門さんさんに媚びうってるとか「ホモかよ」言っちゃいましたね。

福介の目が光り、「俺がもし男と付き合ってたら引いちゃう?」直球でカズに聞くと、福介はいいけど嫌いな人だとウワッてなると、言いにくそうに一祝は言っていました。

なんか、この時に福介がちょっと楽しそうな感じで、スマホをいじりだして急に店を出るよって一祝に言ったんですよね。なんだ?なんだ?

 

電子書籍 試し読み

好きなひとほど (マーブルコミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]好きなひとほど [/center]

新人営業マン・飯田は厳しい先輩・米田がちょっと苦手。ある日飲み会の席でさえもお説教される中、話の流れでなぜか付き合うことに…!波瀾万丈な下克上ラブ!

偶然・・・?

美容室を出てりくちゃんと帰る笑吉、そういえばあの二人はどこ行った?なんて話をしながら、見た目は女子だからとりくを駅まで送る笑吉くん。

「これはまぁタイミングがよく」りくちゃんが言うと、目の前に一祝と福介が…。

ぐーぜーんとか、福介がこっちに手を振ってるけど本当に偶然なのこれ?? 一祝と笑吉は嫌な空気で「カラーレシピ2」2話へつづくです。

[card id=”2454″]

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる