【最新番外編】ギヴン 6巻 「同じ人を好きだった元カノと今カレが一緒に?!code.ex-1」

 

キヅナツキ先生の「ギヴン6巻」に掲載される最新話「ギヴン 番外編 code.EX_1」を「シェリプラス2019年3月号」で読んだ感想です。

 

【シェリプラス2019年11月号】ギヴン 6巻 柊mix-3 最新話の感想はコチラ

 

【最新刊】ギヴン 電子書籍 試し読みへ
※電子の配信が開始と同時に↑より、試し読みできますよ♡

 

[alert title=”注意”]これより先ネタバレを含む感想になりますので、初めて読む方はご注意ください[/alert]
目次

【番外編感想まとめ】ギヴン6巻 given 番外編 codeEX_1

【 電子試し読み】ギヴン6巻 given 番外編 codeEX_1

[amazon_link asins=’B07KZT59HS’ template=’main’ store=’blnote801-22′ marketplace=’JP’ link_id=’65870529-6b73-4456-9525-23ef0744f880′]
[rate title=”この本の評価”][value 5]絵の美しさ[/value][value 4.5]エロ度[/value][value 4.5]面白さ[/value][value 5 ]満足度[/value][/rate][center] [/center]
電子 試し読み

【感想】ギヴン6巻 given 番外編 codeEX_1

皆さま、ごきげんいかがですか。

あのライブ審査(と、告白)の後、俺が何をしているかってーと

俺の…か…か……彼氏の元カノとご一緒してます…。

あーーー‼︎」と、

 

お互いの顔を見合わせて声をあげているのは、秋彦とようやく恋人になった中山春樹と、秋彦を好きだったが振られてしまった上ノ山立夏の姉、上ノ山弥生のふたり。

 

弥生が「秋彦の彼氏だ!」

春樹が「秋彦の元カノだ!」と、ギョッとしながら指を差し合っている。

 

そこにタケちゃん(矢岳光司)が「梶秋彦の元カノちゃうわー俺の彼女じゃーーー!!」と春樹に叫び…。

 

春樹が「…?ごめん?!」と驚きながら謝っているところから、ギヴン番外編が始まりました!!

 

なんか…なんとも気まずい3人の話?!笑

面白そうな番外編がはじまったんだけど、立夏のお姉さんがタケちゃんの彼女になってたことに驚きました!!

更に驚く

タケちゃんが運転する車内の中で、春樹がさらに驚いていて…

 

「えええ!?この子上ノ山のお姉ちゃんなの!?」

 

タケちゃんが「顔似てるだろ」

 

春樹は内心「に、にてる…」思っているようです。

なぜ一緒の車に?

なぜ、この3人が一緒の車に乗っているのかと言うと、タケちゃんが撮るMVの照明アシスタントがどうしても掴まらなくて、春樹が呼び出されたんだけど。

 

春樹「なんで彼女が一緒にいるんだよ」

 

タケちゃん「弥生は女の子のエキストラだ!」

 

弥生「むしろなんで、秋彦の彼氏が一緒なのよ」

 

「ちがっ…言った?」驚きと焦りで、青ざめながらタケちゃんを見る春樹。

 

そんなに春樹は焦らなくてもいいのに…なんて、私は思ったんだけど、考えてみれば通常は焦せりますよね。

 

BL読みすぎで相手が男であるのが、普通に当たり前になっている自分にちょっと、はっとしちゃいました笑

弥生に嫌われてるのかも…?

春樹が秋彦と付き合っている事を弥生が知っているのは、タケちゃんから聞いたわけではなく。

 

「先週、秋彦に会って聞いた」窓の外を見ながら言う弥生。

 

群馬での撮影中、弥生に睨まれてるような気が終始している春樹でしたが、たけちゃんが言うには、最近ずっと弥生の様子が変なんだって。

 

たけちゃんにそう言われても、「普通に嫌われてる感じだけど…」春樹はそう思っていました。

気まずい車内

帰りの車内、行きに運転していたタケちゃんは後部座席で寝ちゃっています。

 

春樹が運転しているんだけど、なんとなく無言が気まずい車内。

 

ずっと窓の外をみている弥生。

弥生が喋ったー

沈黙が辛すぎる春樹は「あ、あー、弥生ちゃんは秋彦と何つながりなの?」話を振ってみる。

 

少しの沈黙の後で、弥生が「私、美術科なの」

 

言葉数少ない弥生が返事をしてくれた事に「喋ったーーー!!

 

内心驚きながらも、「へぇー、そうなんだ」動揺を隠しつつ平静を装う春樹。

弥生の本当の気持ち

弥生は「だから、人の気持ちに少しだけ敏いと思う。秋彦は美術科で絵のモデルでバイトしていたの。最初から秋彦は誰が好きか、ダダ漏れだった。男同士って不毛じゃない?」

 

おっとこれは、いきなり強いジャブが来た感じだっ!!!

 

弥生は更に「秋彦のあの顔を見たときに哀れに思った。立夏も同じ目をしているの。私、ぜんぜん、わからない」

 

弥生は以前、立夏に真冬の事で「あんた、あの子のこと好きでしょ!!変よ、正しくない。多分あんた、傷つくよ」

 

立夏は「そうだな」と言ったけど、弟を最初に傷つけたのは私だった。

 

私は結局、秋彦のことがわからなかったけど、弟の気持ちも、あなた(春樹)の気持ちも、全部何もわからないけど…

 

傷つけるんじゃなくて、わかってあげたかったの

 

ごめんね。

秋彦と春樹のことも

夏の最初のライブの時に秋彦があなたを好きだって気づいてた。

 

気づいてたけど、誰にもいわなかったの…

 

驚いて「う…嘘だぁ…」赤くなる春樹に弥生は「嘘じゃねーー!!このっぽんこつ!!

 

ぽんこつ言われて、驚く春樹に弥生は言います。

 

「秋彦はずっとあんたに助けて欲しかったの。根性がひん曲がってるから口にできない奴なの。立夏だってそう…そうだったのに…」

 

春樹は優しい顔で弥生に「ありがとう」言うと、弥生は困ったような顔をして「何が!!?」

 

笑いながら春樹が「すこし、救われた」

 

春樹の言葉を聞いて、涙を浮かべて驚いてる弥生。

 

寝たふりをしていたタケちゃんが「いい子でしょっ」

 

春樹が「いい子です。はぁ〜ドキドキした」笑って「やっぱり上っちと似てるよ。仲直り出来るといいね」

 

弥生をマンションへ送り、弥生が「ただいま」と言うと、家の中から「おかえり」と、誰かの声が聞こえドアが閉まって次回へつづく

【感想まとめ】ギヴン 6巻 given 番外編 codeEX_1

弥生はどこか、つんとしているようなイメージのキャラクターなのかと思っていました。

 

言葉も多く話さないし、ずっと窓の外みて無言だし…。

 

弥生が本当の気持ちを一生懸命に喋り出してからの、弥生の本当の気持ちが本当に優しくて、なんていい子なんだ!!

 

見た目とか口からでた言葉だけが全てじゃなくて、もっとたくさんの気持ちを心の中に抱えて生きているんだよねって、とても優しい気持ちになれるお話でした。

 

そして、はじめはあまり好きじゃなかった弥生が大好きになったのは言うまでもなし♡

 

素敵なお話をありがとう!!

 

そんな気持ちになれる番外編でした。

 

立夏に弥生の本当の気持ちが伝わりますように!

 

長々とお読みいただき、ありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる