【感想】花鳥風月 7巻 電子書籍試し読み「51話 背中の赤い花の入れ墨はあの人だった!!」

Dear+(プラス) 2018年 01 月号 [雑誌]

志水ゆき先生の「花鳥風月7巻」に収録される「花鳥風月51話」連載雑誌「ディアプラス2018年1月号」を読んだ感想になります。

【最新刊】花鳥風月 電子書籍 試し読みへ

今回発売されたディアプラスの表紙は「花鳥風月7巻」吉利谷と財前でしたが、喜んでばかりもいられませんよ!

ロリコンな叔父の家から眠っている千尋を背負い、飛び出した財前ですが千尋を守りたい一心で走りつづけますが、この後一体どうなってしまうのでしょうか?

[alert title=”注意”]これより先ネタバレを含む感想になりますので初めて読む方はご注意ください[/alert]
目次

【感想まとめ】花鳥風月 7巻

[list class=”list-raw”] [/list]
電子書籍 試し読み
花鳥風月 (1) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月 (1)[/center] もう二度と恋なんかしない。 そう誓って俺はこの町にやってきた――。糸川一人は、母の再婚を機に家を出て、山間の町に越してきた。 初日から風呂場で苦手な虫に遭遇し、裸のまま駆け出して、隣りの家に飛び込むと、 そこには、メガネで大人でとてもきれいな、一見医師が住んでいて――。

【電子試し読み】花鳥風月 7巻 評価

 

Dear+(プラス) 2018年 01 月号 [雑誌]

[rate title=”この本の評価”][value 5]面白さ[/value][value 5]絵の美しさ[/value][value 5]心に残る[/value][value 5]満足度[/value][/rate]
今すぐ試し読みへ
[center]Amazon Renta![/center]

【感想】花鳥風月7巻 51話

財前、一見、吉利谷の3人は小学校からの同級生で幼馴染です。

財前が中学3年の夏に両親が亡くなってしまい、財前と妹の千尋が引き取られた遠縁の親戚の家で、千尋に性的なことをしようとしている叔父の本性を知った財前は、千尋を背負って早朝家を飛び出でたところから51話は始まりました。

電子書籍 試し読み
是-ZE- かみのほん (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]是-ZE- かみのほん[/center] 超人気連載『是-ZE-』の、現在入手困難な全員サービスコミックペーパー、サイン会参加者へのプレゼントペーパー、 店舗限定購入者特典ペーパーなどに描き下ろされた膨大なスピンオフコミックを収録! しかも新規で26ページの描き下ろしも収録!! 玄間×氷見も、彰伊×阿沙利も、守夜×隆成もラブシーン満載の一冊!!

家を出た兄妹

財前が千尋を背負って叔父叔母の家を飛び出る際に、叔母は「私だって守ろうとしたのよ」財前はその言葉を耳にしましたが、千尋がどうなるか分かっていた叔母に対しても叔父と同じぐらい怒りを感じていました。

両親を亡くし身寄りのない子供を引き取った目的がこれで、叔母も知っていたなんてまだまだ中学生の財前にとって、大人に裏切られ許せない気持ちでいっぱいだったと思います。

両親を無くして悲しい気持ちを抱えながらも頑張っている兄妹に対して、あまりにも酷すぎる。

電子書籍 試し読み

鬼が慕うは祟り神 (ビーボーイコミックスDX)[center]Amazon Renta![/center]
[center]鬼が慕うは祟り神[/center]

「しい様を一人にしません。俺がずっとお側にいます」鬼と人のハーフ・椿丸は、“見世物”として賊に捕らわれていたところを、廃退した森を司る祟り神によって救い出される。ただ一人で永久の時を過ごす祟り神を、美しく思った椿丸は「しい様」と呼び慕い始める。数年後、“性欲が強い”鬼の血を継ぐ椿丸の欲求が爆発! しい様の触手に自慰を手伝ってもらうようになり――? 一人ぼっちの祟り神×身寄りのない鬼と人のハーフ、孤独な二人が今惹かれあう――!

叔父 叔母

財前は叔父叔母の家から逃げるように、走り続けながら叔父、叔母との生活を思い返していました。

叔父は両親を亡くした財前と千尋に対して「叔父さんは子供が大好きだから、ぜひ二人とも家に来てほしい」満面の笑み優しい皮をかぶった叔父からの誘い。

叔母は千尋に対しても慣れない家に来たばかりで不安だろうと心配し、しばらく一緒に寝ようと言ってくれたり、遠縁な親戚なのにもかかわらず自分たちを引き取り、優しくしてくれる叔父と叔母にとても感謝をしていました。

とても感謝をしていた子供の心を弱みに付け込むなんて、やり口が酷過ぎますよね。

寝ずに千尋の部屋で見張りながら守っていたのは財前で、中途半端に守ったとか言っている叔母は千尋の大事な髪を無理やり切って傷つけた傍観者と同じです。

電子書籍 試し読み
是-ZE- (1) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]是-ZE-[/center] ワケあり美形がひしめく屋敷で雷蔵は恋をした。相手の紺は、無愛想でつっけんどんで、でも雷蔵のことを嘲笑(わら)ったりしない美少年。住人Sのちょっと激しめなラブシーンにあてられながら毎日紺を好きになる雷蔵。ところが紺は、屋敷を訪ねる客相手に秘密の“仕事”をやっていて……。志水ゆきの逃げられないLOVE DESTINY、開幕!!

叔父への不信感

財前が叔父に対してはじめて違和感を感じたのは、千尋と寝ていた夜にふと目が覚めると、叔父がベッドを覗き込んでいた事があってからです。

驚いた財前は「叔父さん!!どうしたんですか?!」聞くと、叔父は「TVでおばけの話を特集していたから、千尋ちゃんが見て怖がっていないかと思ってね。」笑顔で話をした叔父ですが、財前は「僕が一緒に寝るので大丈夫です」

叔父の態度に不信感を抱いた財前ですが、千尋にもこんなことを言われます。

「叔父さんがね、私が一人でいるとすぐに膝に抱っこしようとしてくるんだよね。叔母さんがいないとしてこないの。私、赤ちゃんじゃないのに変だよね」

叔父への不信感と千尋の話を聞いて以来、もしもまた叔父が千尋の部屋に来たらという思いから、眠れなくなってしまった財前。

毎日毎日、千尋の部屋の前で眠気に耐え、千尋には自分しかいないと財前が必死に守って来たんですよね。

千尋ちゃんに守ってくれるお兄ちゃんがいたことが本当に良かったと思いますし、もしも一人っ子だったらと思うと、恐ろしくて考えたくないですね。

大人だってきっとこんな事が起こったら、とても怖くて毎晩眠れなくなると思うのに、それを子供にするなんて。

最低でもあの叔父には、夜な夜な男からほられる恐怖を味わってもらい、叔母は髪をチョキチョキの刑だ!!

知っていながら守り切れない大人も同罪だし、そもそも親をなくした兄妹に対してあまりにも酷い仕打ちです。

電子書籍 試し読み
レシピ 志水ゆき全集 (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]レシピ 志水ゆき全集[/center] 洸の母親は、仕事が忙しく留守がちなため、母の知人の元モデル・カイヤがしばしば洸に食事の世話をしてくれている。
カイヤは人気の絶頂でトップモデルの座を捨て、こじんまりとしたカフェ『RECIPE<レシピ>』を開いた。
洸は叔父に当たる美大生の侑仁よりも、やさしいカイヤになついているが、実はカイヤは……。
志水ゆきが描く、熱っぽいラブレッスン。

千尋を守りたいのに・・・

財前に背負われていた千尋が目覚めたようで、「お兄ちゃん、なんで外にいるの?のどかわいた」声をかけられた財前は家を出ることに必死で、千尋の靴を忘れてきてしまったことに気づきますが、戻るのはダメだと戻ることはしませんでした。

一晩中寝ずに千尋を背負って走った財前は、気力も体力も限界で、でも重くても千尋をおろしたくなくて、前へ進まなくちゃダメなのに財前の足がもう一歩も前に進みません。

その時、後ろから声がします「・・・財前?」振り向くと笑顔が可愛い吉利谷が!!

「まだ5時なのに、千尋を背負って何してんの?」吉利谷を見て安心したのか、財前はその場に倒れてしまいそうになりますが、吉利谷に「財前、大丈夫か?顔色が悪い、千尋をとりあえずおろせ」

「ダメだ。千尋はおろせない!!」必死すぎる財前を見て、吉利谷は「俺が代わりに背負うから。家がすぐそこだから来いよ」財前にとってこの言葉にどれだけ救われたことでしょう。

行く当てもない、お金もない、一晩中寝ずに千尋を守って、背負って家を飛び出して、もう足を一歩前に出すことすらできずに限界だった財前に代わって、千尋を背負って家へ招いてくれた吉利谷。

千尋ちゃんを兄が助け、兄を吉利谷が助けてくれて、人の心の醜さを知ったけれど同時に、助けてくれる人もいるから人をまた信じることができますね。

電子書籍 試し読み
性悪猫も恋をする【SS付き電子限定版】 (Charaコミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]性悪猫も恋をする[/center] 描き下ろし番外編「幸せの仔猫ちゃん」収録。●朝番組の看板アナウンサーで、愛称は“王子”。このまま好感度NO.1目指して、中学時代馬鹿にした奴らを見下してやる──!! 笑顔の下に野望を隠していたある日、初恋の男・坂口と再会!? バツ一子持ちになったのに悪びれもせず、成功した道場を「頑張ったんだな」と屈託なく褒めてくる。自慢させてもくれない男を悔しく思いつつ、封印したはずの片想いが再燃して…!?

もう、大丈夫だよ

財前は自分が倒れてしまったら千尋が、千尋がと、妹を必死に守りたい気持ちが切羽詰まって眠りながらも、千尋ごめんって思ってて・・・。本当に優しくていいお兄ちゃんで泣けてきます。

そして財前は夢の中でお父さんとお母さんに「もう大丈夫だよ。千尋を守ってくれてありがとう。よく頑張ったね。」笑っている両親が褒めてくれて、「ずっとふたりで見守ってるから、大丈夫だよ」優しい夢を見ながら財前は涙を流していました。

そんな財前の寝顔を見て、吉利谷は何かを察したようでした。

電子書籍 試し読み
花鳥風月 (2) 初回限定版小冊子付 (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月(2)[/center] 俺の愛した男は死んだ。 おまえが殺したんだーー大輝。糸の町役場の上司にして、大家のサバト。
黒ずくめの怪しい姿と、山の畑での早朝ライブ。 糸を驚かせっぱなしのサバトには、約束があった。
町に工房を持つ陶芸家・大輝と、一日一回、契約のキスをすることーー。育ち始める恋、頑なに枯れようとする恋。

吉利谷の家

千尋ちゃんは吉利谷の家で「お兄ちゃん、大丈夫かな?」眠り続けている兄を心配しているようで、吉利谷は「大丈夫だよ、ここまで歩いてこれたし、今は寝かしてあげようね」

朝食にホットケーキを焼いてくれる吉利谷に千尋は「吉利谷くん、お家の人は6時なのにいないの?お仕事?」吉利谷は「んー、ホットケーキ焼けたよ。テーブルで食べよ」

千尋の質問を上手く誤魔化し「親か・・・俺にもいたっけ・・・」呟いていました。

電子書籍 試し読み
花鳥風月(3) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月(3)[/center] なぁ、お姫様。あんたのために、最高の器を焼いてやるよ。亡き祖母の跡を継いで、町長になった沢斗。 力不足を痛感し、悩む沢斗の唯一の憩いの場・露天温泉に、 都会からやってきた陶芸家・大輝が踏み込んできた。 軽薄で図々しい大輝だが、なぜか憎めない。ある日、沢斗の弟・円馬が倒れ――!?

吉利谷、ありがとう

笑い声で財前は目を覚まし飛び起きて「千尋!」

千尋は嬉しそうに「お兄ちゃん!吉利谷くんがホットケーキ作ってくれたの」千尋を見ている財前に、吉利谷は「一緒にホットケーキ食べようぜ」そう言いながら、財前の分をテーブルに出してくれました。

財前は「料理できるんだな」吉利谷は「ホットケーキは混ぜて焼くだけだから簡単だよ」

千尋は吉利谷の作ったホットケーキを嬉しそうに「ふわふわでおいしい!お兄ちゃんも食べてみて」財前の口にも入れてあげ「ね、おいいしでしょ」笑っています。

千尋ちゃんのこの笑顔を守るために財前は本当によく頑張ってくれましたね。

そして、吉利谷が財前の友達で本当によかったと財前自身も思ったようで、「吉利谷、お前はすごいな、ありがとう」財前が苦しかった時に本当に助けてくれたのは吉利谷でした。

電子書籍 試し読み
花鳥風月(4) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月(4)[/center] サバトの目の前で土砂にのまれていった大輝(だいき)。
救い出された大輝にサバトは約束通り一日一度のキスをする。
毎日深くなるキスと、大輝に抱かれる覚悟を決めているサバト。抱きとめる大輝は……!?大輝とサバトの恋が加速する、クライマックス!

星川法律事務所

吉利谷に電話をかりて財前が連絡したのは、星川法律事務所の星川恭一朗でした。

星川法律事務所で財前は「急に連絡したのに、時間を取って下さりありがとうございます。相談できる大人が父の友人だった星川さんしかいなくて」

星川は「1人で千尋ちゃんを守るのは大変だっただろう。よく頑張ったね。」

財前は千尋を背負って動けなくなっていた時やホットケーキを嬉しそうに食べる千尋を思い出し「友達が助けてくれたんです」

きっと自分が心底苦しんでどうしていいかわからない時、笑顔で助けてくれた事に心から感謝しているからこそ 、大人になった今でも吉利谷に対して財前は甘いのかもしれませんね。

電子書籍 試し読み
花鳥風月(5) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月(5)[/center] 現役を退いたヤクザの曜明と、彼の世話をする火弦。 火弦は曜明を密かに慕っていたがーー。

新しい家

星川先生は財前から相談を受けた後、すぐに叔父夫婦に話をつけて、財前たちを引き取ってくれる新しい家を探してくれました。

そして数年後の夏

少し古めの一戸建てに中学生の少年から青年へ成長した吉利谷がドアを開け「財前!いないのか?アイス買って来たぞ」

財前が千尋を背負っていた理由をこの頃には吉利谷も知っていて、ロリコンなオヤジのところから次に財前が引き取られた遠縁の家に入り浸っているようでした。

財前と千尋を引き取とった神楽坂茂美(かぐらざかしげみ)は、彫り師で「俺が刺すのは女にだけだ」軽く言っちゃうような人ですが、財前も「千尋の前でそういうこと言うのやめてください」はっきり言えてしまうぐらい関係は良好そうです。

千尋ちゃんも数年前は髪がショートでしたが、今では髪もすっかりロングで幸せそうに笑っているし、吉利谷にとっても干渉したりしてこない茂美さんの家は、とても居心地がいい家になりました。

財前と千尋ちゃんにとって安心して眠ることが出来る家で本当によかったし、中学の頃から家族関係に問題がありそうな吉利谷にとっても、茂美さんの家は自分の家のように落ち着ける暖かい場所になったのかもしれないなと思いました。

電子書籍 試し読み
花鳥風月(6) (ディアプラス・コミックス)[center]Amazon Renta![/center]
[center]花鳥風月(6)[/center] 抱いてやるよ。世界で一番可愛い、俺の犬。身を挺して曜明(ようめい)をかばい、火弦(ひづる)は撃たれた。
一命を取り留めた火弦が目覚めると、曜明が褒美に温泉につれていくと言ってくれる。
二人きりでの旅行を前に動揺する火弦だが……。

背中の赤い花

アイスを持って吉利谷は家に来ましたが、茂美さんは仕事中のようだし、財前もいないのでシャワーでもしようかと思い、バスルームの扉を開け吉利谷が見たのは財前の背中に彫られた赤い花の入れ墨でした。

「花鳥風月」7巻のはじまり47話、カラーで見た背中は財前のものだったんですね!

そして、サラサラ読んでいたので茂美さんをすっかり彫刻家と勘違いしていた私も、驚きましたよ。よく見たら彫っていたのは女の人の背中だった笑

茂美さんは入れ墨を入れる彫り師だったんですね!

吉利谷は財前が全裸な事よりも、背中の入れ墨に驚き「財前!いつの間に入れ墨したんだ?!」

勢いよく財前の肩をつかんだ拍子に、財前が足を滑らせふたりして転倒。

財前の上に覆いかぶさる感じになってしまった吉利谷は「財前悪い・・・」起き上がろうとして顔を上げると、財前の顔が目の前に!!

おおおお!!これはキスしちゃうの?♡

って、ところで次回へつづくでした。いいところだったのに~残念・・・笑

大人な吉利谷と財前なら私は、財前が好きなんですが、中学生や少し大人になった頃の吉利谷も笑顔が可愛くて爽やかでいいですね。

大人なヤクザの吉利谷からは想像できなかったのですが、ホットケーキ焼いてくれたりと意外と家庭的で関心しましたが、両親が家にいなさそうな感じだったので、自分で何でもするしかなかったのかもしれませんね。

それから茂美さんという人は口は悪いけど、気のいいおやじって感じで千尋ちゃんが笑顔で暮らしているのを見ると、とてもいい大人なんだとわかりました。

「花鳥風月」51話では星川先生も登場しましたが、亡くなった財前のお父さんの友人であり、財前兄妹を助けてくれた人でもあったんですね。

両親を亡くした財前と家族と疎遠な吉利谷ですが、育ってきたふたりの生い立ちを知ると吉利谷が財前にプロポーズしたのは、とても意味のあることだったのではないかと思いました。

ということで、「花鳥風月7巻」に収録される51話の感想でした。

長々と読んでくれて、ありがとうございました。

次回の「花鳥風月7巻」52話は1回お休みだと思うので、Dear+(ディアプラス)3月号になると思います。

2018年2月の発売までキスしちゃうの?しないの?どうなるの?焦らしプレイをお楽しみください笑

また52話の感想も見に来てくださいね。

電子書籍 試し読み
ただただ好きというだけで (ふゅーじょんぷろだくと)[center]Amazon Renta![/center]
[center]ただただ好きというだけで[/center] 【こう見えて、ひんひん鳴きます】荒くれ者が学園イチの人気者にエロかわいく乱されちゃう。――他校の不良達とケンカに明け暮れていた荒くれ男子校生・十時 猛。ガタイの良さと、いかつい顔のせいでクラスでは鼻つまみ者。そんな彼の想い人は学園イチの王子様・吉澤テオ。吉澤の姿を見る度に胸を高鳴らせ女の子みたいに頬を染めていた。ある日突然、十時の片思いに気付いた吉澤に「恋人ごっこ」を持ちかけられてしまい…!?

花鳥風月 7巻 掲載話 雑誌詳細

人気の漫画家先生が多く連載をしているDear+(ディアプラス)ですが、Cheri+(シェリプラス)と同じ新書館から発売されている、恋愛極上主義なボーイズラブマガジンです。

毎月14日発売となっていますが、多少前後して発売することもあるようなので次回の発売日は要チェックですよ!

Dear+(ディアプラス)2018年1月号

Dear+(プラス) 2018年 01 月号 [雑誌]

こちらのページで紹介したDear+(ディアプラス)2018年1月号は「花鳥風月 7巻」51話が収録されていました。

発売されたのが2017年12月14日ですので、Dear+(ディアプラス)2018年1月号の電子書籍での配信は、2018年1月15日頃になると思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる