【最新話感想】恋するインテリジェンス9巻 5話 春日×木菜編 『春日の嫉妬が止まらない!!』電子 試し読み

リンクス 2021年 09 月号 [雑誌]

電子試し読み

「リンクス 2021年 09 月号 」の「恋するインテリジェンス 9巻 5話」を読んだネタバレ感想です。

「恋するインテリジェンス9巻 4話」では『痛いのも苦しいのも全部忘れられる』お薬の誘惑から春日さんを救った木菜さんに、自暴自棄になっていた父親との事を打ち明けましたね。

以来、少しづつお互いの事を話すようになった春日さんと木菜さんですが「恋するインテリジェンス9巻5話」では二人の関係が大きく変わり始めるようで?!

それでは「恋するインテリジェンス9巻5話」のネタバレ感想どうぞ♡

登場人物相関図

これより先ネタバレを含む感想になりますので、初めて読む方はご注意ください

「リンクス 2021年 09 月号 」の「恋するインテリジェンス 9巻 5話」の始まりは珍しく朝早くから出勤している春日さんから始まりました。

やたらと髪型とか身だしなみを気にしている様子。

木菜さんが出勤し、皆に挨拶し席に着くと、春日さんは木菜さんの席まで行き「俺におはようって言った?」

木菜さんは「え?さっき牛通堂と春日に挨拶したつもりだったんだけど、無視したように見えたのならすまない。おはよう春日」

春日さんは「……おはよう」とだけ言って行ってしまいましたが、皆が無言で不思議そうに?その様子を見ていました笑

春日さんと木菜さんはお互いの事を少しづつ話すようになりましたが、周りは春日さんが木菜さんに酷いことを言ったりするイメージしかないので、まさか春日さんが木菜さんに「おはよう」を聞きに行った事に驚いたと思います笑

目次

永吉からのメール

春日さんの携帯には永吉さんから「今度、いつ木菜くんを飲み会に連れて来てくれんの?」メッセージが。

永吉さんが誰かと言うと「リンクス 2021年 05 月号 」「恋するインテリジェンス 9巻 3話」で、バディの木菜さんの文句ばかり言っている春日さんを見兼ねたトレーナーの鳴子さんが「親睦を深めるためにふたりで食事行ってこい」と言われた春日さんが、木菜さんと春日さんの友達数人で飲んだ席にいた人です。

春日さんの遊び友達みたいで、初めて会った時からとても木菜さんを気に入っていた様子だったし、当時の春日さんよりとても優しそうな人でした。

春日さんは永吉さんからのメールを見て「うぜぇ、あいつマジで着信拒否してぇ」とイライラ。

おしどり縁結び商会へようこそ 分冊版 1 (集英社君恋コミックスDIGITAL)

酸いも甘いも噛み分けたカップル・豪と宇楽が運営しているのは、ゲイ専門の恋活相談所『おしどり縁結び商会』。そこには特別な出会いを求める客が日々訪れて…?

電子 試し読み

ヘルプ任務

ヘルプ任務でラブホへ潜入する春日さんと木菜さん。

ホテルのフロントで空室番号を全て覚えて離脱するというのが今回の任務。

配置に着いた春日さんと木菜さんは「行け」の指示がでると、ホテルへ向かって歩いて行くのですが、距離感が微妙で違和感があるから「もっとくっつけ」と指示されます。

恋人同士のように春日さんに肩を抱かれる木菜さん。

フロント前で恋人同士のような会話をし「ジャグジーの部屋が空いてない…向かいのホテルも一応確認しておく?」と、ホテルから出たふたり。

空室の部屋番号を報告し任務完了。

任務が終わってからも「車まではこれでいい」と言って、木菜さんの肩を抱いていた春日さん。

「地味ださメガネとは絶対に合わない!!」なんて言っていた春日さんだったんですけどねー笑

おかえりさんかく (ディアプラス・コミックス)

不器用な3人が織りなす、みつどもえの恋の行方は…!? 喫茶店店主の紘記は、初めてできた恋人と別れて以来静かな日々を送っている。しかし、元恋人・丈との再会と、訳ありげなお客・英征との出会いによって、止まっていた時間が再び動き出し――?

電子 試し読み

待ち伏せ

仕事終わりに春日さんは木菜さんのデスクを見て「まだ仕事してんのか、相変わらずだな。俺はまぁ、帰るけど…」なんて思いながら帰るのですが、外務省の外に知ってる人物が!!

「永吉!人の職場前で何やってんだ!おまえ!!」キレ気味の春日さん。

永吉さんは「木菜くんに会えないかなーと思って待ってる。お前が飲み会に連れて来てくれないからー。彼、恋人いないんだろ?」

春日さんは「さぁ、いるんじゃね?」

「うそ、マジで?!そんな感じしなかったんじゃん、まぁ本人に聞いてみるけどー」諦めない永吉さんに春日さんは「木菜はもう帰ったよっ。だからさっさと帰れっ二度と来るなよ!!」と追い返したところで、「あれ?春日お疲れ」と木菜さんに声を掛けられます。

ジェラシー(5) (ディアプラス・コミックス)

大切な者たちを攫った松見を追いつめた明虎。幼い頃からの長い兄弟の確執についに終止符が打たれる。一方「家族」になれず、居場所を見失った卯一は、明虎との切ない最後の夜を過ごした。そして27年の時が流れ、互いに歳を重ねた二つの魂は再び巡り合う――。嫉妬に狂い、恋に溺れたヤクザな男たちのどうしようもない恋の歌、ついに完結!!

電子 試し読み

送ろうか?

木菜さんに「道の真ん中でどうしたんだ?」と聞かれ、少し驚いた様子の春日さんでしたが「ちょっとぼーとしてただけ。疲れてんのかなー」とか少し雑談するふたり。

春日さんは「車だから送ろうか?腹減ってるなら、途中で食事してもいいし」

「え?いや大丈夫だ、ありがとう、それじゃ電車の時間あるから、また明日」と木菜さんと別れた春日さんでした。

今までの木菜さんへの態度が酷かった春日さんが、木菜さんに「送ろうか?食事でも」と言うなんてーすごい!!笑

木菜さんはずっと変わらずな感じですが、春日さんはとても木菜さんを気になり始めているようですね。

永吉さんには木菜さんに会わせないように「帰った」とか嘘ついちゃってるし…笑

皇帝と怪物 (秒で分かるBL)

幼帝タオが過ごす宮廷の地下には、開かずの霊廟があり“怪物が眠る”と噂されていた。生まれてからずっと宰相の傀儡として過ごしてきたタオは、国の実権を握ることも叶わず、宰相の目論みで頼りにしてきた友人すら殺されてしまう。自暴自棄のはてに霊廟に入り、柩を開けたタオが見たのは白髪・異形の大男で…?

電子 試し読み

少年の後遺症

イベント会場下見、潜入実習の説明でピアノコンクール後のホールに来ていた春日さん。

たまたま小児科医の寺田先生に偶然会うのですが、春日さんの横を通り過ぎる少年に気づきます。

寺田先生が言うには以前病院で春日さんが会った議員さんのご子息で後遺症の難聴が改善し、他の後遺症もほぼ残っていないくて良かったとのこと。

春日さんの選択で少年に後遺症を残してしまったと、ずっと思い続けていた少年だったので「そうか…本当に良かった」と寺田先生と話をしていました。

この少年の話を春日さんは「一応、あいつにも報告するか」と木菜さんのことを思っていました。

西園寺くんはいつもかわいい。 (drap COMICS DX)

昔からの風習で主従関係にあった君人と尊。晴れて大学生になり、同棲(?)生活をはじめた二人はエロ甘度も200%超え 温泉えっち、コスプレえっちなど、かわいいが大渋滞な君人がいっぱい♡二人のえっちで幸せな毎日がぎゅっと詰まったシリーズ第3弾!

電子 試し読み

永吉再び

潜入実習が終わった日の帰り道。

春日さんは永吉さんと木菜さんが話をしているのを目撃!!

永吉の胸ぐらを掴んだ春日さんは「永吉!俺を飛ばして勝手に木菜にコンタクトなに取ってんだよ!職場の周りをうろつくなって言ったよな!こんなダサい眼鏡になんの用があるのか全部説明しろっ!!」

永吉は「なんで木菜くんに連絡するのに、おまえの許可が必要なんだよ!ただの同僚だろ?」

春日さん「俺が紹介したんだから、まず俺に連絡しろ」永吉さん「なにそのルール?なにキレてんだよっ」

ふたりを止めに入った木菜さんが「永吉さん、春日は自分の交友関係に同僚が混ざる事で、プライベートと仕事の線引きが曖昧になることを危惧しているんだと思う。春日すまない、君の交友関係に混ざろうとしたわけけじゃなく、個人的に永吉くんと話してみたいと思って」

「こ、個人的にはなしてみたいだぁ?!」ぎょっとする春日さん。

ドSおばけが寝かせてくれない(3)【特典付き】 (シャルルコミックス)

生霊出ちゃう系年下彼氏に今日も溺愛されてます――…!!!付き合って半年。康祐の受験が終わり、ようやく本格的に恋人気分を味わえるようになった二人。日々過激になっていく康祐の執着ラブで、雄二の強気デレも加速する。そんないちゃップルな二人の元に雄二の●●●●がやってきて――!?

電子 試し読み

ディナー予約

春日さんは「ダメだダメだ、やめとけ。おまえは男を見る目がないっ。この男はろくでもないから」木菜さんを説得しようとしていますが、永吉さんに「さっき、ディナー予約しちゃった。5分遅かったな、春日」嬉しそうに話しています。

「ダメだ!無理だっ!なんでそんなに永吉と食事に行きたいんだよ?!」必死に止めに入る春日さんでしたが、木菜さんに「俺が永吉くんと話すと何かまずいことがあるのか?」と聞かれ、「それは……」答えられずにいる春日さん。

永吉さんに「話の続きは日を改めよう。じゃーなー奏生」と言って、木菜さんと車で行ってしまいましたー。

永吉さんは出会った当初から木菜さんにとても優しかったですからねー。

しかも、待ち伏せ2回目です。相当、木菜さんを気にいますね。

春日さんは「くっそ…」と呟いていたので、悔しかったようです笑

うしみつどきどき古書店譚 (NUUDE COMICS)

大学院生の小宮くんは、古書店「二四書房」に下宿中。書店の店主兼大家である無愛想な独身アラフォーの陽蔵さんに、淡い恋心を抱いている。ある日のこと、陽蔵さんのもとに、浮世離れした不思議なお客さんがあらわれて…?

電子 試し読み

翌朝

職場で負オーラを出しまくっている春日さん。

周りからは「こいつ、どうした?」と噂されていますが、そこに木菜さんが「おはよう」と言って登場。

春日さんは木菜さんに詰め寄り「昨日、永吉と何話したんだよっ」

驚く木菜さんは「え?普通の会話しかしてないよ」答えるのですが「普通って?早く言えっ」キレ気味の春日さん。

桃月さんが「はぁー??どの立場で木菜の事、尋問しとんねん。なんでおまえに話さなあかんねん。木菜、言わんでええ」

「こらこら、何をもめてるんだ」仲裁に入る針生。

春日さんは「こいつが俺の制止を振り切って、俺のツレと食事に行った」

「何で制止したんだ?」と聞かれた春日さんは「永吉がろくでもない男だからっ」

それを聞いた木菜さんが「永吉くんはいい人だよ」

さらに春日さんが「はぁー??」怒る!!

桃月さんに「なんでおまえが怒りまくってんの?行こ木菜」と言って部屋から出て行ってしまいました。

もみチュパ雄っぱぶ♂フィーバータイム(2) 舌と指のエッチな指導してやるよ。 (ダリアコミックスe)

ここはお触り&キスOKの男性専用『雄っぱいパブ』。ある日、店に冷やかしの客が訪れる。人気NO.1キャスト・ダイチは懲らしめてやろうとエロテクで激しく搾り取る。一方、エッチが苦手なキャスト・保は、その客の付き添いで来た竹本の相手をすることになり…!? 

電子 試し読み

悲惨すぎるだろ

「木菜を困らせるのやめろ、話したくなさそうだっただろう?なんで二人の会話が知りたいんだ?」針生さんに聞かれ、春日さんは「別にただ知りたいだけだっ」イライラ。

朝から春日さんが機嫌が悪い原因と木菜さんの事をいろいろ周りに聞かれた春日さんは「俺の食事は断ったのに、永吉の誘いには乗った!俺が止めているのに永吉の方取りやがったっ」

柳さんからは「それって、嫉妬してるみたいに聞こえるけど?」

聖前さんからは「木菜に恋しちゃったんだね」

「なわけねぇだろっ!!あいつのせいで頭に血が上ってわけわからなくなってんのにっ!!」キレまくりな春日さん。

千散さんから「今まであんな態度でこれからどうするつもり?」

「なんで俺があんな地味メガネに…」と言いながら固まる春日さん。

「そうだよな…さすがに…今までの流れでそれは悲惨すぎるよな…とにかく木菜に謝ったほうがいいんじゃないか?春日?」

針生さんに言われ大汗かきまくりの春日さんは「???」自分の気持ちにようやく気付きはじめたのかな??

「恋するインテリジェンス 9巻 6話」次回へつづく

嫉妬は愛を曇らせる(6) (from RED)

「恋に落ちた、呆れるくらい一瞬のうちに」落ち目の秀才×遅咲きの天才。劣等感から束縛へのグラデーションラブ!

電子 試し読み

【最新話感想まとめ】恋するインテリジェンス9巻 5話 春日×木菜編 

「リンクス 2021年 09 月号 」の「恋するインテリジェンス 9巻 5話」ですが、とても面白かったです!!

木菜さんんお事が気になって気になって仕方ない春日さんですが、木菜さんに対する言動は優しくなってはいますが、最後のあがきなのでしょうか??「なんで俺があんな地味メガネに」と言っていましたねー笑

次回の「恋するインテリジェンス 9巻 6話」でも「地味メガネ」と言っていられるのかな??笑

そろそろ春日さんは自分の気持ちに気付くと思うのですが、今までの木菜さんに対する態度が最悪なだけに、今後の展開がとても気になります!!

次回「リンクス2021年11月号」は2021年10月8日の発売です。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました♡

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる